レンタルとリース7つの違い

お客様がレンタルとリースを混同して理解されているケースは意外と多くあります。レンタルとリースは異なるサービスで、状況によってレンタルがお得な場合、リースがお得な場合がありますので、まずはレンタルとリースの違いをできるだけわかりやすく説明します。

レンタルとリースの違いを一言で説明するならば以下のようになります。

【レンタルとはレンタル会社が既に所有している物品を借りるサービス。リースは自社に代わってリース会社に物品を購入してもらいその物品を借りるサービス】

 

レンタルもリースも物を借りるという点では同じでその為に混同されるケースも多いのではないかと思います。
レンタルはレンタル会社が既に所有している物品を借りるサービスです。
それに対しリースは「リース会社に商品購入代金を立て替えてもらい、それを分割で返済していくサービス」というイメージで捉えると、レンタルとリースの違いが判り易くなるかも知れません。

 

【レンタルとリース7つの違い早見表】

レンタルとリース 7つの違い早見表

 

「1.レンタルは短期の利用も可能、リースは短期利用不可」

レンタルは、お客様のご要望に応じ、利用期間を1日から数年まで自由に設定できます。
対して、リースは物品の法定耐用年数の70%以上(耐用年数が10年以上ならば60%以上)の期間でないと契約できません。

 

「2.レンタルは短納期も可能、リースは短納期不可」

レンタルは、在庫状況や配送条件の都合がつけばお問合せから数日中の短期納品も可能です。
対して、リースは問合せ、審査、契約、物品発注、納期のプロセスが発生する為納品までには約1ヶ月程度かかる事が多いようです。

 

「3.レンタルは途中解約が可能、リースは途中解約不可」

レンタルはレンタル期間中の途中解約、つまりレンタル期間の変更が可能です。その際、期間を再計算して料金の再設定を行います。
対して、リースは自社に代わって物品を購入してもらっている為、途中解約が原則不可能となっています。
また、リースにおいて重要なのは、所定のリース期間を超えて引き続き利用する場合は、基本的に再リースという形になります。 (元金と利息相当分を払い終えても、利用し続ける限り利用料金が発生します)

 

「4.リースは新品でメーカーや型番指定が可能、レンタルでは指定不可」

リースは前述の通り、代理購入の側面を持つため物品は新品で型番指定ができます。
対して、レンタルはあくまでもレンタル会社が既に所有している物を借りるサービスですので、物品は基本リユース品となりメーカーや型番指定はできなく、同等品を借りる事になります。
※エイトレントではお客様皆様に気持ちよく物品を利用して頂きたいと思っていますので、整備に力を入れて状態の良い物品の提供を日々心がけております。

 

「5.物品の故障時レンタルは無償交換、リースは利用者負担」

レンタルは、通常利用の範囲で物品が経年劣化などで故障した場合、基本無償交換または無償で修理させて頂きます。
対して、リースの場合はこうした故障発生時は基本的にお客様が直接メーカーに問い合わせるなどの対応をする事になっています。
レンタルもリースも物品の所有権は提供会社にありますが、故障時の対応の違いはレンタルとリースの大きな違いの一つと言えます。

 

「6.レンタル料金は100%損金計上、リースは一部のケースで資産計上」

レンタル料金はすべての場合で損金計上されるため、物品を購入し保有する場合と比較し、節税につながる事もあります。
対して、リース料金は法律で定めるところの大企業など、一部の条件に当てはまるとリースで借りている物品も資産として計上される事があります。

 

「7.リースは物品廃棄時に追加料金が掛かる事もある」

レンタルは、お客様に物品の廃棄料金を請求する事は原則ありません。
対して、リースはパソコン等一部の物品においては、別途廃棄料金が請求される事があります。

 

「レンタルとリースではどちらが得か」

レンタルとリースでどちらが利用者にとって得かはケースバイケースですが、主に同じ物品を短期間から中期間(1日から1年程度)だけのご利用であれば、レンタルの方がリースより料金が安くなる事が多く、2年以上などの長期間になるとリースの方がレンタルより料金が安くなる事が多いと言われています。
また、物品を使わない時の保管、故障時の手配、廃棄時の手間や費用など、物品管理は意外と見えないコストがかかります。
レンタルは必要な時に、必要な期間だけ利用でき、物品管理の手間がほとんどかからない為、社員のリソースを必要度が高いところにだけ投下したい、という理由でレンタルを利用されるケースも増えています。
利用期間、利用頻度、物品管理コストなどを総合的に判断し、レンタルかリースか或いは購入を選択する事が良い方法だと思います
レンタルかリースか或いは中古品を買うかで迷っていらっしゃるのであれば、是非エイトレントにご相談ください。当社ではレンタルは勿論、中古品の販売、更には物品の買取も行っておりますので、お客様の状況に応じた提案をさせて頂きます。

こちらからお気軽にご相談ください