レンタル⽤品 国内最⼤級の品揃え・創業50年以上の確かな実績

0120-889-885 受付時間 平日9:00〜17:30

加湿器

オフィス、商業施設、宿泊施設などを過ごしやすい快適な空間に、業務用加湿器のレンタルサービスをご紹介。商品のお届け・設置まですべてお任せください。レンタル料金はご利用期間に合わせてご提案させていただきます。商品の詳細は各商品ページをご覧ください。

加湿器のスペック一覧

商品名業務用加湿器~67畳(約110㎡・33坪)業務用加湿器~50畳(約82㎡・25坪)業務用加湿器~42畳(約70㎡・21坪)加湿器~18畳(約30㎡・9坪)加湿器~12畳(約20㎡・6坪)
商品画像203020000014加湿器67畳203020000013加湿器50畳203020000012加湿器42畳203020000020加湿器18畳203020000010加湿器12畳用
加湿タイプハイブリッド式(温風気化式)ハイブリッド式(温風気化式)ハイブリッド式(温風気化式)気化式ハイブリッド式(温風気化式)
適用畳数
(木造和室)
40畳(約67㎡・20坪)30畳(約50㎡・15坪)25畳(約42㎡・13坪)12畳(約20㎡・6坪)8.5畳(約14㎡・4坪)
適用畳数
(プレハブ洋室)
67畳(約110㎡・33坪)50畳(約82㎡・25坪)42畳(約70㎡・21坪)18畳(約30㎡・9坪)12畳(約20㎡・6坪)
水タンク容量12L(6L×2個)12L(6L×2個)12L(6L×2個)4.2L4L
最大加湿量/h2400mL1800mL1500mL800mL500mL
連続加湿時間標準:5h、静音:7.5h、eco:7.1h、のど・肌:5h標準:6.7h、静音:10h、eco:8h、のど・肌:6.7h標準:8h、静音:10h、eco:10h、のど・肌:8hお急ぎ:5h、強:6h、中:8h、弱:12h、静か28h標準:8h、静音:10h、eco:11h
最小運転音17dB15dB15dB15dB15dB
最大運転音48dB42dB35dB32dB30dB
消費電力(50-60HZ)標準:806/818W、静音:780/795W、eco:63/77W、のど・肌:806-818W標準:390W、静音:370W、eco:42/47W、のど・肌:390W標準:380W、静音:370W、eco:28/30W、のど・肌:381Wお急ぎ:16W、強:11W、中:6W、弱:3.5W、静か:1.6W標準:163W、静音:161W、eco:11/12W
サイズ
(幅x高さx奥行)
450x410x348mm450x410x348mm450x410x348mm375x375x180mm375x375x190mm
重量9.6kg9.2kg9.2kg4.7kg4.5kg
レンタル料金
1ヶ月(税別)
10,000円8,900円7,000円4,200円2,400円

※加湿量や加湿時間など、記載の内容は気温や湿度によって変わる為、あくまで目安となります。

主な5つの加湿方式

加湿方式ハイブリッド式(温風気化/気化)気化式ハイブリッド式(超音波/スチーム)スチーム式超音波式
イメージ ハイブリッド式(温風気化/気化)イメージ 気化式イメージ ハイブリッド式(超音波/スチーム) スチーム式 超音波式
加湿速度速い ◎やや遅い △やや速い 〇やや遅い △速い ◎
吹出口温度室温同等 〇室温より低い ◎室温同等 〇熱い(40℃以上) △室温同等 〇
運転音やや大きい △やや大きい △静か ◎やや静か 〇静か ◎
経済性加湿方式自動切換 ◎消費電力少なめ ◎消費電力高い △消費電力高い △消費電力少なめ ◎
清潔性普通 〇普通 〇カルキ類噴出あり △煮沸 ◎カルキ類・雑菌噴出あり△
給水のしやすさしやすい ◎しやすい ◎しやすい ◎しづらい 〇しづらい △
レンタル取扱いあり 〇あり 〇お問合せ下さいお問合せ下さいお問合せ下さい

ハイブリッド式とは「いくつかの方式を組み合わせたもの」という意味
■「温風気化/気化」のハイブリッド
湿度が低い時には温風気化式、湿度が上がるとヒーターオフの気化式に自動で切り替える方式
■「超音波/スチーム」のハイブリッド
湿度が低い時にはヒーターで加湿パワーを高め、湿度が安定すると超音波のみに切り替わる方式

オフィスの湿度は事務所衛生基準規則(厚生労働省令)で制定されています

『事務所衛生基準規則』とは、『労働安全衛生法』の規定に基づく規則で、5章からなる厚生労働省令です。『環境管理、清潔さ、休養、救急用具』に関する規定があり、労働者が良い環境の中で安全に働けるように定めたものです。
湿度に関しては以下の通り制定されており、集団スペースでの流行性ウィルス感染予防や社員の健康維持の視点から重要視されています。

■事務所衛生基準規則 第二章 事務室の環境管理/第5条 空気調和設備等による調整
・事業者は、空気調和設備を設けている場合は、室温が17度以上28度以下、および湿度が40%以上70%以下になるように努めなければならない。

湿度は『40%以上70%以下』に

室温が10度以下の場合は、暖房する等の温度調節が義務付けられており、この暖房義務の規定には罰則があります。
そこで、エアコン暖房などで室温を調整しようとすると、今度は湿度が下がってしまうのです。

エアコン暖房で急激な乾燥が進む

エアコンで乾燥が進むイメージ図
※室内の湿度は、人や部屋の家具・植物・調理器具などから発生する水分などの条件によって変わる為、あくまで目安となります。

快適な職場環境を作るには、室内の温度だけではなく、特に乾燥する時期湿度にも気を配る必要があります。
オフィスなど職場の広さや空調設備による環境の変化に応じて、必要な時期に加湿器のレンタルをぜひご検討ください。

加湿器とあわせてよくご利用いただく商品

オキサイダー関連商品へのリンク

加湿器の利用事例

【オフィス】
オフィスのエントランス、事務室、会議室など、従業員や来客の出入りが多い箇所の乾燥対策やウィルス対策として、レンタルでご利用いただいています。部屋の広さや乾燥の程度に応じて機種の選定と数量をご提案させていただきます。
オフィス内の乾燥対策【加湿器のレンタル事例】オフィス内の乾燥対策【加湿器のレンタル事例】
約50名の従業員が勤務されているオフィス内で、加湿器をレンタルいただきました。フロアの中心付近に67畳用の大容量の業務用加湿器1台と、フロアの端とエントランスには18畳用を数台設置させていただきました。冬場は特にオフィスの暖房によって乾燥するため、空調機器の空気孔付近にも設置いただくことになりました。
会議室(ミーティングルーム)の乾燥対策【加湿器のレンタル事例】会議室(ミーティングルーム)の乾燥対策【加湿器のレンタル事例】
オフィスの会議室に加湿器をレンタルでご利用いただきました。テナントビルに入っているオフィスで、部屋の暖房が調整できず常に乾燥してしまうため、部屋の広さに対して少しスペックの高い業務用加湿器を設置いただきました。

【仮設事務所】
建築工事現場などの付近に設置する仮設事務所では、作業員の健康管理のために加湿器をレンタルいただいております。特に粉塵が舞う現場では喉を痛めてしまうことがあり、冬の時期は風邪などのウィルス感染のリスクも高くなります。作業員の欠員はスケジュールの遅れに繋がってしまうため、作業員の働く環境の改善が必要とされています。
建設現場での風邪の予防対策【加湿器のレンタル事例】建設現場での風邪の予防対策【加湿器のレンタル事例】
建設現場の仮設事務所内の部屋に、加湿器をレンタルでご利用いただきました。工期が限られている為、作業員に欠員が出ないよう、部屋を加湿してインフルエンザなどのウィルス感染を防ぐ目的で設置いただきました。

【学校・教育施設】
学校、塾、保育園など、各教育施設の職員と生徒の健康管理のため加湿器をレンタルいただいております。赤ちゃんを預かる保育園では、風邪の予防に加湿器の導入を行政から指示されるケースもあり、集団感染のリスクを減らす努力をされています。
カテゴリ_保育園の園児の環境衛生対策【加湿器のレンタル事例】保育園の園児の環境衛生対策【加湿器のレンタル事例】
0歳~5歳までの子供が過ごす保育園で加湿器をレンタルいただきました。園児が過ごすフロアを加湿するようにと行政からの指示があり、各フロアの大きさに適した加湿器をご提供させていただきました。子供たちの安全を考慮して、蒸気の吹出口が熱くならない加湿方式の機種を確認いただき、ご採用いただきました。

レンタルサービスご利用までの流れ

レンタルフローの説明画像

加湿器のレンタル納入事例

関連・類似商品